1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 生産設備に関する記事
  4. 製造工場の目標設定とは?目標達成のためのステップやポイントを解説

FA業界の方へ耳寄りな情報を「おしえてJSS」by日本サポートシステム株式会社

お問い合わせ

関東最大級のロボット
システムインテグレーター
生産設備
設計から製造なら 日本サポートシステム株式会社

生産設備の必須マニュアルプレゼント
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 生産設備に関する記事
  4. 製造工場の目標設定とは?目標達成のためのステップやポイントを解説
生産設備に関する記事

製造工場の目標設定とは?目標達成のためのステップやポイントを解説

多くの製造工場では、年度ごとや四半期ごとに目標を設定し、目標を達成するための施策を行っていると思います。しかし、「毎年、同じ目標をなんとなく繰り返している」「目標を設定するだけで、具体的な施策を行えていない」「努力しているのに、目標が達成できない」という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、そのような悩みを持った方に向けて、製造工場での目標設定の意義や目標設定の例、目標を達成するためのステップやポイントについて解説します。

日本サポートシステムでは、工場設備のメンテナンス・リプレースにご対応いたします。

  • 老朽化した設備を入れ替えたい
  • 手書き図面をデジタル化したい
  • 緊急のメンテナンスをお願いしたい

といったお悩みのお持ちの方は、ぜひ下記フォームやお電話より、お気軽にお問い合わせください。弊社が納品したもの以外の設備にもご対応いたします。

お問い合わせ

老朽化「設備・産業PC」壊れる前に!保守・リプレースを代行、弊社が納品した設備以外も対象、手書きの図面のデジタルサポートなど

1.製造工場での目標設定の意義

(1)なぜ目標設定をするのか

まずは、製造工場でなぜ目標設定をしなければならないのかを考えてみましょう。工場においては、製造原価を下げる、生産量を増やす、不良を減らすといった生産性の向上が重要なテーマです。

しかし、何の目標設定もなく生産を続けていては、生産性を向上させるどころか、現状維持するだけでも精一杯になり、いずれは他の企業との競争に敗れてしまうでしょう。

適切な目標設定をすることで、生産性を向上させるためには何をすべきかが明確になり、具体的なアクションを起こせるようになります。生産性の向上を継続的に実現できれば、製造業としての競争力が増していくでしょう。

また、生産性の向上以外にも、労働環境の整備を目的とした目標設定をしている工場は多いでしょう。きれいに清掃されていたり、事故の危険性のない安全な工場で働くことは、従業員が安心かつ充実した働き方をするためには重要なことです。

(2)製造工場での目標設定の例

①生産性の向上を目的とした目標設定

生産性の向上を目的とした目標は、次のような視点を基に立案されます。

  • 製造原価の目標に対する実績製造原価の割合を見る「原価率」
  • 目標とする作業工数に対する実績作業工数の割合を見る「工数差異」
  • 製造開始から完了までの期間を表す「製造リードタイム」
  • 生産能力に対する実際に生産した量の割合を見る「稼働率」
  • 生産数に対する不良数の割合を見る「不良率」
  • 従業員1人当たりが生み出した成果を見る「労働生産性」

②労働環境の整備を目的とした目標設定

労働環境の整備を目的とした目標は、次のような視点を基に立案されます。

  • 清掃によって工場内をきれいに保つ
  • 製造時に利用する機材や材料の置き場所を整理整頓する
  • 事故に発展しそうな危険な作業を見つけて改善する

【自動化の最新技術】に関する無料Webセミナー開催!
>>詳細・お申込はこちら

2.製造工場の目標を達成するための4ステップ

では、次に、製造工場が目標を達成するために必要な手順をご紹介します。ここでは、大きく4つのステップにわけました。一緒に見ていきましょう。

(1)ステップ1:現状の課題を知り、何を改善すべきか特定する

まずは工場の何が課題なのかを明確にしていきます。過去の実績数値や工場内の見回り、従業員からのヒアリングなどから課題を抽出して、特に重要な改善すべき課題を特定していきましょう。現状の課題を知るという観点では、生産管理システムやIoT機器の導入によってデータ収集と見える化を行うと、より鮮明に課題が浮き彫りになります。

(2)ステップ2:目標を設定する

ステップ1で特定した改善すべき課題に対する目標を設定します。目標設定においては、「SMART」と呼ばれる5つのポイントを意識することをおすすめします。

  • S(Sprcific):具体的である
  • M(Measurable):評価測定ができる
  • A(Achievable):実現可能である
  • R(Resultoriented):本当に必要な目標である
  • T(Time-bound):期限が設定されている

「SMART」に該当しない曖昧な目標や、結果の測定ができないような目標を設定してしまうと、施策が本質から外れてしまったり、目標達成のためのモチベーションが上がらなくなる危険性があります。「SMART」を意識すれば的確かつ効果の高い目標設定ができるため、ぜひ参考にしてください。

(3)ステップ3:目標達成に向けた施策を行う

目標が設定できれば、目標達成に向けた施策を行っていきます。ここでのポイントは、目標にも優先順位をつけて、特に課題が大きく重要な目標からリソースを割いて施策を行うことです。

全ての目標を同時進行で進めようとすると、リソースが分散してしまって進行スピードが遅くなってしまいます。また、重要度は低いけれどもすぐに着手できる目標を優先してしまい、重要だけれども達成に手間のかかる目標が後回しになってしまう可能性があります。

生産性の向上に関わる目標は、生産ラインの大幅な見直しや設備投資を行うなど、時間も手間もかかる場合が多いため後回しになってしまいがちですが、優先度を決めて取り組むことで、目標達成に向けた施策を確実に行うことができるでしょう。

(4)ステップ4:目標の達成結果を確認し、次の目標を設定する

目標を立てる時には期限を決めておき、目標の達成結果を確認します。目標が未達成だった場合も、達成できた場合も、しっかりと結果の分析をして次の目標達成に活かしましょう。目標は一度設定して終わりではなく、目標設定と施策を繰り返すことで継続的に工場を改善し続けることができます。

また、目標の達成結果の確認は、最終期限に一度だけ行うのではなく、定期的に途中経過を確認することをおすすめします。目標の達成状況を途中で確認することで、現在実施している施策が間違っていれば軌道修正することができます。

3.製造工場の目標を達成するためのポイント

ここでは、生産性向上の観点から、製造工場が目標を達成するためのポイントを解説していきます。

(1)製造工場の見える化を行う

工場での生産状況を生産管理システムやIoT機器によるデータ収集で見える化すれば、工場の課題を見つけて適切な目標設定をするために役立ちます。また、目標の達成状況を把握することができるので、目標を達成しようと頑張っている従業員のモチベーションアップにもつながります。

例えば、精密機器や計測機器を製造する株式会社島津製作所では、設備からの生産実績データを収集して見える化することで、生産性の悪い工程を瞬時に把握できるようになり、改善をすることで生産性を15%もアップさせることができました。また、従来は個々の作業者の頭の中にしかなかった課題が見える化によって職場全体に共有できるようになり、改善に対するモチベーションが向上しました。

(2)設備による自動化・省力化を行う

生産性の向上に関する目標設定をしたときに、考えていただきたいのが設備の導入による生産ラインの自動化や省力化です。

製造工場の生産性を大きく向上させるためには、人の作業をロボットなどの設備で置き換えるのが非常に効果的です。ロボットは人のように疲れたりすることもなく、一定のスピードで長時間稼働し続けるので、安定した生産をすることができます。

また、不良の発生を抑えるという観点からも、作業者によるばらつきやミスの影響を受けないように自動化することは効果的です。

例えば、金属加工品を製造する株式会社ヨコタコーポレーションでは、工作機械からの部品取り出し作業にロボットを導入して自動化することで、生産性を向上させました。従来は2名の従業員が作業をしていましたが、自動化によって20%以上の生産性向上を実現するとともに、生産数のバラつきを抑えたり、24時間稼働ができるようになるというメリットを得ました。

(3)設備のメンテナンスやリプレースを行う

日本の工場では、20年以上経った設備が、今でも現役で稼働していることが珍しくありません。そのような老朽化した設備は、頻繁に停止したり、不具合が発生したりするなどして生産性を向上させる上での障害となっている可能性があります。

老朽化した設備以外でも、定期的なメンテナンスを怠ると設備が停止してラインがストップするリスクがあるため、設備管理は非常に重要です。設備のメンテナンスを行ったり、老朽化した設備のリプレースによって生産性を向上させることが、目標を達成するためのポイントであると言えるでしょう。

4.生産設備の自動化やリプレースでおすすめのメーカー・ロボットシステムインテグレータ3選

日本サポートシステム株式会社

【特徴】
日本サポートシステムは年間200台もの実績がある関東最大級のロボットシステムインテグレーターです。一貫生産体制をとっており、設計から製造までをワンストップで対応。費用・時間にムダなく最適化を行うことができます。

また、お打ち合わせから原則1週間以内に「お見積りとポンチ絵」をご送付。

【ポンチ絵とお見積りのサンプル】

テキストやお電話だけでは伝わりづらいゴールイメージを共有し、スピード感を持った対応を心がけています。

また、同社の「画処ラボ」では、画像処理を用いた外観検査装置の導入に特化し、ご相談を受け付けています。従来は目視での官能検査に頼らざるを得なかった工程の自動化をご検討の際などにご活用ください。

日本初!業界最大級

画像処理検証ラボ開設!ルール型の画像処理から、AIまでプロが診断、ご相談から装置制作までまるっと対応

【所在地】
茨城県土浦市卸町2丁目13-3
TEL.050-1743-0310(代表)
FAX.050-3156-2692(代表)
https://jss1.jp/

【営業品目】

  • 産業用ロボット
  • 生産設備合理化・省力化の設計及び製作
  • 基板電気チェッカーや貼合・折曲など
  • 治具の設計・製作

【実績】
NM社(電子部品の製造販売)、HS製作所(情報通信・社会産業・電子装置・建設機械・高機能材料・生活の各システム製造販売)、TT社(ショッピングセンターなどリテール事業)、SM社(自動制御機器の製造・販売)、OR社(自動車安全システムの製造販売)

株式会社グッドワーク

【特徴】
株式会社グッドワークは、東京都・埼玉県を中心に製造機械の修理・メンテナンス・部品製作を行っています。装置メーカーで設計からメンテナンスを行っていた技術力の高い技術員を有しており、年式の経過した古い設備の修理にも対応しています。

【所在地】
埼玉県新座市大和田3-11-6
TEL.048-424-3544(代表)
FAX.048-424-3644(代表)

安長電機株式会社

【特徴】
安長電機株式会社は、安川電機グループを中心としたFA機器や産業用ロボットによる製造工場の省人化・省力化を支援しています。多くの製造工場の課題を解決してきた経験と培ったノウハウによって、お客様のニーズに合った最適な自動化設備を提供しています。

【所在地】
長野県長野市中御所岡田131-14 JAながの会館3F
TEL.026-224-6130(代表)
FAX.026-224-6133(代表)

5.生産設備の自動化やリプレースに関するご相談は日本サポートシステム

今回は、製造工場での目標設定の意義や目標設定の具体例、目標を達成するための4つステップやポイントを解説してきました。

目標設定と目標達成のための施策を繰り返すことによって、製造工場の生産性は大きく向上し、競争力を高めていくことができます。本記事を参考に、改めて自社の目標設定を見直していただきたいと思います。

日本サポートシステムでは、製造工場の目標を達成するために役立つ自動化設備のコンサルティングや、設備のメンテナンス及びリプレースのサービスを提供しています。目標をなかなか達成できないとお悩みの際には、お気軽に日本サポートシステムへご相談ください。

関東最大級のロボットシステムインテグレーター 生産設備の設計から製造ならお任せください

050-1743-0310 営業時間:平日9:00-18:00

本社:茨城県土浦市卸町2-13-3、相模原事業所:神奈川県相模原市中央区上溝1880番2 SIC3-317

お役立ち情報

採用情報
おしえてJSS