2

産業用ロボットの教示作業者に

日本サポートシステムによる
産業用ロボットの
業務に関わる特別教育の講習

産業用ロボットを工場の生産現場等へ導入する場合に作業者は、
安全衛生法に基づいた特別教育を受けなければならないことが義務づけられています。

労働安全衛生法 第59条第3項

事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、
厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための
特別の教育を行なわなければならない。

特別教育の実施は事業者の義務となっています

厚生労働省令「労働安全衛生規則」第36条

  • 第31項「教示等の業務」
    (ティーチング:ロボットを動かす)

  • 第32項「検査等の業務」
    (メンテナンス:ロボットを検査する)

今回開催のRobodemyでは、
こちらの「教示等の業務(ティーチング)」を対象としております

へのお申込みはこちら

の強み

  • 学科だけではなく実技も受講できる

  • ロボットSIerとして30年間培ったモノづくりの知見を提供

  • 現役エンジニアが講師なので最新のノウハウが学べる

  • 工場・倉庫のロボット導入を支援

で出来ること

Robodemy(ロボデミー)は
特別安全教育から始まり、技術的なセミナーやPoCの検証施設といった機能実装を想定しております。
成立性検証から装置の立ち上げプロジェクト開始が可能です。

  • step.

    特別安全教育

    産業用ロボットを導入するために必要な「特別安全教育」が日本サポートシステムで受講可能になります。

  • step.

    課外授業

    小学生~大学生までを対象に産業ロボットに触れてもらい、ものづくりの先端技術を学ぶきっかけを作ります。
    ロボットコンテストなど未来のエンジニア育成フィールドの構築をします。

  • step.

    技術セミナー/PoC

    産業用ロボット+αの展示、AIや画像処理を加えます。
    導入セミナーなどを実施。
    ロボット導入前の検証施設。
    様々なロボット、最先端機材を試せる施設にします。

  • step.

    共同開発

    ロボットメーカー×SIer、ロボットパッケージ開発や、テストフィールド活用。
    メーカー横断の組合せやシミュレーションによる工場のグランドデザイン構築を実現。

特別教育の内容

  • 1教示

    ロボットに対し、位置や速さ、動作の順番などを教える業務
    溶接やハンドリングなどの作業をロボットで自動化するのに必須

    学科

    産業用ロボットに関する知識

    2時間以上

    産業用ロボットの教示等の作業に関する知識

    4時間以上

    関係法令

    1時間以上

    実技

    産業用ロボットの操作方法

    1時間以上

    産業用ロボットの教示等の作業方法

    2時間以上

  • 2検査

    ロボットの点検・調整・修理など
    各部の構造や部品の種類なども詳しく知る必要がある

    学科

    産業用ロボットに関する知識

    法定4時間以上

    産業用ロボットの教示等の作業に関する知識

    4時間以上

    関係法令

    1時間以上

    実技

    産業用ロボットの操作方法

    1時間以上

    産業用ロボットの検査等の作業方法

    法定3時間以上

今回開催のRobodemyでは、
こちらの「教示等の業務(ティーチング)」を対象としております

工場の自動化を進めるロボットSIerとして皆様のお役に立てるよう、
日本サポートシステム株式会社にて産業用ロボットの業務に係る特別教育の研修
および修了証の発行ができる環境を構築いたしました。
2日間で工場におけるロボット導入に必要な資格の取得が可能です。

保有設備一覧

  • 川崎重工業株式会社

  • セイコーエプソン株式会社

  • 株式会社デンソーウェーブ

  • ファナック株式会社

  • 三菱電機株式会社

  • 株式会社安川電機

  • Universal Robots

の機能

へのお申込みはこちら

カリキュラム

35,000

  • 火曜

    10:00~17:00

    産業用ロボット安全教育(学科)

  • 水曜

    10:00~17:30

    産業用ロボット教示(実技)

※ 学科・実技の2日間すべて受講することで資格取得が可能です。
  • 実施場所

    日本サポートシステム株式会社 阿見ベース内
    〒300-0331
    茨城県稲敷郡阿見町阿見4666-1777
    (圏央道、牛久阿見ICより車で8分)

  • 新型コロナウイルス感染症対策

    Robodemy(ロボデミー)では下記内容を徹底したうえで、
    感染症対策を講じながらの開催をさせていただきます。

    ■ 休憩時の拭き上げ ■ 数日前からの検温 ■ 昼食時のパーテーションご用意
    ■ 換気、加湿 ■ 共有物に触れる場合に使用する手袋のご用意
    ■ 新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のインストール

運営会社

日本サポートシステム株式会社

設備・ロボット・ソフトウェア等の組み合わせ技術を持ち、
工場に合った一品一様での装置開発を行うロボットSIer
社内で設計・加工・組立・アフターメンテナンス提供が可能
社員180名のうち、60名以上が設計のエンジニア

へのお申込みはこちら

取引実績400社以上、製造実績10,000台以上、関東最大級のロボットシステムインテグレーター

050-3156-2692 営業時間:平日9:00-18:00

本社:茨城県土浦市卸町2丁目13-3、相模原ベース:神奈川県相模原市中央区上溝1880番2 SIC3-317
採用情報
おしえてJSS