1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. ロボットに関する記事
  4. ロボット制御で省力・最適化を実現!FA化の専門工場オススメ3選

FA業界の方へ耳寄りな情報を「おしえてJSS」by日本サポートシステム株式会社

お問い合わせ

関東最大級のロボット
システムインテグレーター
ロボットシステム
設計から製造なら 日本サポートシステム株式会社

日本唯一の画像処理検証ラボ、AIラボによる画像処理
ファクトリーオートメーション
ロボットに関する記事

ロボット制御で省力・最適化を実現!FA化の専門工場オススメ3選

「ロボットの制御はどうやるのか?」
「制御されたロボットが人間以上の成果を出せるのか?」
「行きづまった改善をロボット導入(FA化)で解決できるのは……?」
生産に関わる中で、こんな疑問を抱えてはいないでしょうか?

この記事では、ロボット制御の優れた実態をご紹介するとともに、省力化で伸び悩む改善成果への疑問にお応えしていきます。
ロボット制御/FA化についての解説と、導入メリットを説明、実際にFA化導入を得意とする工場紹介までまとめましたので、ぜひお役立てください。

また、ロボット制御の最適化によって、
・省力化、省人化してコストダウンしたい
・生産性アップして売上を上げたい

・人的ミスを減らして品質価値を高めたい
・どのメーカーのロボットを使えば効率的かわからない
場合は、関東最大級のロボットSIer、日本サポートシステムまでお問い合わせください。
産業用ロボットの導入が得意な技術者が、最適なご提案をさせていただきます。

1. 2つのロボット制御技術「ロボットビジョンとティーチング」

(1)ロボットビジョンシステム

産業用ロボットに取り付けるカメラシステムの総称で、位置検出や検査に利用され、人間の目のような働きをします。
センサーやカメラで感知・撮像を行い、画像処理システムなどで判断と構成を実施、最終的には画像処理結果をもとにロボットへ指示を出す役割を担っています。

また、製造業の方向けに検査装置のカメラや画像処理について解説した記事もありますので、こちらも合わせてご覧ください。

⇒【図解】検査装置のカメラとは?画像処理とは?おすすめのメーカー5選

(2)ティーチング

ティーチングとはプログラミングを意味しています。
産業用ロボットにはあらかじめ決められた動きをトレースできるように、ある程度のプログラミングが施されていますが、それだけでは不十分なケースがあります。部品の複雑な曲面に沿った動きや、試作品への対応、公差が極めて厳格な精緻な作業がこれにあたるでしょう。産業用ロボットのポテンシャルは非常に高くあらゆる状況に対応できますが、それには最適なティーチングを行えるティーチングマンの存在が必要不可欠になります。

2.ロボット制御でFA化(Factory Automation)?

ファクトリーオートメーション

FA化とは“生産工程を自動化”するという総称が一般的です。
このFA化とは何かをまとめましたので、御覧ください。

(1) 機械化から進化する“自動化”

自動化とは、機械化のさらに次のステップ。
あくまで、作業だけを行う機械化ですが、自動化は作業に加えて産業用ロボットがロボットビジョンシステムなどで“自分で判断”を行い動きます。

(2)人の作業を自動制御されたロボットが行うこと

工程内における製造、加工、組立、運搬、検査や測定など“手作業”によって行われている多くの作業を、ロボットが行うようにするのがFA化です。
しかし、人の作業をロボットへシフトするのは容易ではありません。産業用ロボットで人の手による作業を再現する高いティーチング技術に、現場を知り尽くしたエンジニアの経験と知識、様々な局面に対応できる柔軟性も必要になります。

工場で最も活用さている垂直多関節ロボットについては下記でご紹介しております。合わせてご覧ください。

⇒【図解】垂直多関節ロボットとは?構造とメリットを解説

3.FA化におけるメリット3つ

FA化で実現される省力化がもたらすメリット3つを具体的に紹介します。

(1)人件費/固定費の低減

安い労働力で低コスト化が理想ですが、満足できる生産量を実現するためのモノづくりには高い熟練度が必要になり、長期間にわたる教育や、たびたび必須になる作業訓練は低コストとは相反します。
せっかく人を確保しても、多様な生産体制への変化を求められ改善のために多能工化……ここでも教育や訓練によるコストが発生しますが、自動制御されたロボットはこうした問題はありません。

最適な動きを即座に発揮し、ティーチングにより新たな作業への変化も自在。人間のような技量や成果の個人差もなく、最小限のコストで安定した生産体制を整えます。

(2)品質事故の撲滅

品質に対する技術の習熟はもちろん、品質意識を社員に根付かせるには多大な労力がかかります。
また、日本の現場では職人化された状態、いわゆる属人化により高品質が保たれ、高い技術と意識をもった社員が定年して技術ごと失われることも珍しくありません。FA化では、熟練のティーチングマンがロボットを熟練者に変え、勘やコツで回避されてきた異常をカメラビジョンシステムが正確に検知、不良品の発生と流出を根絶します。

(3)検査時間の大幅短縮

製造に欠かせない検査工程では、人の目で検査や選別を行いますが、人の目では複数の対象物を瞬時に認識しての合否判断はできません。
目視検査のように見た目で判断する作業では、不明確な基準に迷い余計な時間を消費する場面も。カメラビジョンシステムであれば、画像処理センサーにより1秒間に数百の検査が可能になり、人の数十倍以上の成果を期待できるほか、常に安定した作業ができるため圧倒的な時間短縮が可能です。

3.FA導入における心強いパートナー企業/オススメ工場3選

(1)日本サポートシステム株式会社

【特徴】
日本サポートシステムは年間200台の実績を持つ関東最大級のロボットシステムインテグレーターです。一貫生産体制をとっており、設計から製造までをワンストップで対応。費用・時間にムダなく最適化を行うことができます。

また、お打ち合わせから原則1週間以内に「お見積りとポンチ絵」をご送付。

【ポンチ絵とお見積りのサンプル】

テキストやお電話だけでは伝わりづらいゴールイメージを共有し、スピード感を持った対応を心がけています。

【所在地】
茨城県稲敷郡阿見町阿見字阿見原4666-1777
TEL:029-840-2777(代表)
FAX:029-840-2770(代表)・2771(設計)
https://jss1.jp/

【営業品目】

  • 産業用ロボット
  • 生産設備合理化・省力化の設計及び製作
  • 基板電気チェッカーや貼合・折曲など
  • 治具の設計・製作

【実績】
NM社(電子部品の製造販売)、HS製作所(情報通信・社会産業・電子装置・建設機械・高機能材料・生活の各システム製造販売)、TT社(ショッピングセンターなどリテール事業)、SM社(自動制御機器の製造・販売)、OR社(自動車安全システムの製造販売)

(2)株式会社アイズ

https://www.eyes-tokyo.com/

【所在地】
東京都中央区銀座1-19-14 ホーメスト木箱銀座ビル5F
宝町駅 徒歩4分
銀座一丁目駅 徒歩6分
銀座駅 徒歩5分
東銀座駅 徒歩8分
京橋駅 徒歩7分
新富町駅 徒歩8分

【企業紹介】
顧客ニーズを超えた新規システムを提案し、仕様のカスタマイズ、ロボットの選定、ハンド設計、試作、システムアップ、ティーチング、アフターサービスまとトータルでサポート。FA化に伴い発生するカスタムパーツや、一点もののパーツ作成、や治具設計、製作など幅広く対応が可能な企業です。FA以外の事業も手掛け対応力に優れています。

【サービス/作成品目】
・ロボット販売
・ハンド設計
・システムアップ、ティーチング
・アフターパーツの治具設計&試作など

(2) 新光技研株式会社

http://shinkoh-g.com/page1_company.html

【本社所在地】
愛知県海部郡蟹江町須成西6-92
TEL:0567 (96) 5300
FAX: 0567 (96) 5354

【企業紹介】
創業30年、生産から物流までのあらゆるシーンにおいてマテハン装置・専用機などを駆使し成果をあげています。モノの移動による改善を得意とし、必要以上の高品質”オーバークオリティ“による無駄をさけた最適品質で、「人と機械の協働作業」を提案・実現している企業です。

【サービス/作成品目】
・ロボットシステム
・混合機
・搬送、移載装置
・組立ライン作成など

4.FA化・ロボット制御のご相談は日本サポートシステム

競争の激化する製造業界においては、省力化による効率改善、品質改善は急務です。
企業努力による自発的な改善活動では、もはや激化する業界で生き残るのは容易ではありません。
そんなときに、FA化を専門とする企業が強い味方になるでしょう。

ロボットによる省力化をご検討の際は、お気軽に日本サポートシステム株式会社にご相談ください。
高い技術と信頼、そして迅速な対応は日本企業ならではのサービスをお約束し、生産現場で発生している問題・悩みを解決します。

 

関東最大級のロボットシステムインテグレーター ロボットシステムの設計から製造ならお任せください

029-840-2777 営業時間:平日9:00-18:00

本社:茨城県稲敷郡阿見町阿見字阿見原4666-1777、相模原事業所:神奈川県相模原市中央区上溝1880番2 SIC3-317

お役立ち情報