1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【NEWS】惣菜業界初のロボフレな盛付ロボットシステム現場導入

FA業界の方へ耳寄りな情報を「おしえてJSS」by日本サポートシステム株式会社

【NEWS】惣菜業界初のロボフレな盛付ロボットシステム現場導入

2022年3月29日
日本サポートシステム株式会社

“ロボットフレンドリー”な惣菜盛り付け自動化
Team Cross FA各社が得意領域を活かし開発に貢献

惣菜業界初、盛付工程へのロボット導入、現場実運用に成功

 製造業のDXから生産ライン開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」(事務局:東京都港区)は、2021年9月に経済産業省が推進する「令和3年度 革新的ロボット研究開発等基盤構築事業(※)」にて事業の代表として採択された一般社団法人日本惣菜協会への協力企業の1つとして、ロボットフレンドリー(ロボフレ)な環境構築とともに、ロボットの実現場への導入を推進してまいりました。
※「ロボットフレンドリーな環境の実現」にあたり組成された予算事業

人手不足対応や生産性向上、非接触化を実現すべく、多くの産業分野でロボットの導入が期待されていますが、まだまだ進んでいません。特に惣菜製造工場においては「盛付工程」に最も多くの人手が必要とされており、その工程の自動化は喫緊の課題でありつつも、これまで長年にわたって実現できておりません。

ロボットを導入するためには、ロボットが稼働しやすい環境=「ロボットフレンドリー(ロボフレ)な環境」の実現が必要です。今般、ユーザー7社とベンダー8社がタッグを組んだ研究開発を通して、ロボットが盛り付けしやすいよう現場環境も考慮し、長年実現できなかった惣菜の盛付工程を自動化するロボットの現場導入に至りました。

Team Cross FAは日本惣菜協会とともに、同じ課題を持つ惣菜製造企業の方々にこれらの成果を遍くお使い頂けるよう、また、惣菜製造企業が直面する更なる共通課題に真摯に向き合い、“One for all, All for one”の精神で、ロボフレによる課題解決実現を推進し、日本が直面する人手不足解消に貢献します。

■本事業の背景
経済産業省では、人手不足が深刻化している、施設管理、小売、食品製造の3分野について、ロボットのリーディングユーザーを核に、システムインテグレーター等が集い、ロボフレな環境構築に向けた検討を行う場として、2019年11月に「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」(TF) を立ち上げ、その検討結果を2020年3月に取りまとめました。

食品製造分野においては、特に惣菜・お弁当などの中食の盛付工程は自動化の難易度が高く、現在その工程の大半を人手で行っております。人手不足への対応、労働生産性向上、工場における三密(密閉・密集・密接)回避のためには、盛付工程を自動化し、無人化・省人化を目指すことが必要との結論に至りました。

柔軟・不定形の食品を迅速に見栄え良く盛り付けることは、ロボットにとって極めて難易度の高い作業であり、ロボットで実現するとなれば、高度な技術を活用した高価格なものとなり現場実装が進みません。

そこで、ロボットにとって盛り付けしやすい盛り付け方法や、掴みやすい包装容器の在り方等、ロボフレな環境の構築が必要であると考え、2021年9月、ロボフレを推進する事業に600社強の惣菜関連企業の会員を持つ日本惣菜協会が代表として選出され、惣菜盛付ロボットシステムの開発と現場導入を進めてきました。

■惣菜業界初の惣菜盛付ロボットシステムのロボフレによる現場実導入
ロボフレ環境構築の加速のため、惣菜盛付ロボット開発経験を持つ㈱ア-ルティ(以下、RT)の惣菜盛付協働ロボットFoodlyを、惣菜企業3社(㈱ヒライ、藤本食品㈱、イチビキ㈱)の現場に導入しました。

さらに生産性重視の産業用ロボットを使用した惣菜盛付ロボットシステムをTeam Cross FAの幹事企業である㈱FAプロダクツ、㈱オフィスエフエイ・コム、日本サポートシステム㈱の3社、そして、食品ロボットシステムで実績の高いコネクテッドロボティクス㈱を中心に開発を進め、マックスバリュ東海㈱の惣菜製造工場の製造現場に20223月に実導入しました。

また、将来ロボフレ環境とともに惣菜盛付ロボットシステムを多くの企業にご活用いただくために
①FAプロダクツ等との導入・保守スキームの検討
②リース企業大手とリース・レンタルスキームの検討
③人材派遣会社ウィルオブ・ワークと連携しているRTとともにロボット派遣スキームの検討
を進めました。

■コンソーシアムとしての総合力を活かし、短期間での実装に成功
Team Cross FAは各領域に強みを持つ企業コンソーシアムとしての総合力を活かし、約7か月間という短い開発時間で要件定義から実装まで取り組みました。
FAプロダクツはプロジェクトマネジメント及びデジタルシミュレーション技術、日本サポートシステムは機械設計・加工・組立・調整、オフィスエフエイ・コムは制御設計を中心とした技術面の統括など、各々の得意領域を発揮して開発に貢献しました。

■プロジェクト参画企業(協力企業含む) ※50音順
㈱アールティ
イチビキ㈱
㈱エクサウィザーズ
㈱FAプロダクツ(Team Cross FA)
㈱オフィスエフエイ・コム(Team Cross FA)
㈱グルーヴノーツ
㈱グルメデリカ
コネクテッドロボティクス㈱
㈱デリカスイト
㈱ニッセーデリカ
日本サポートシステム㈱(Team Cross FA)
㈱ヒライ
㈱ファミリーマート
藤本食品㈱
マックスバリュ東海㈱

■Team Cross FA基本情報
呼称  :Team Cross FA(チームクロスエフエー)
事務局 :〒105-0004 東京都港区新橋5-35-10 新橋アネックス2F(株式会社FAプロダクツ内)
ホームページ:https://connected-engineering.com/

幹事企業
株式会社FAプロダクツ https://fa-products.jp/
ロボコム株式会社 https://robotcom.jp
株式会社オフィスエフエイ・コム https://www.office-fa.com/
日本サポートシステム株式会社 https://jss1.jp/
ロボコム・アンド・エフエイコム株式会社 https://robotandfa.com/
株式会社INDUSTRIAL-XSECURITY https://industrial-xs.jp/
株式会社SaaSis https://saasis.jp/

公式パートナー
鹿島建設株式会社 https://www.kajima.co.jp/
株式会社電通国際情報サービス https://www.isid.co.jp/
株式会社日立システムズ https://www.hitachi-systems.com/
Modis株式会社 https://www.modis.co.jp/
ミツイワ株式会社 https://www.mitsuiwa.co.jp/

本件に関するお問い合わせ
日本サポートシステム株式会社
担当:植地(うえち)
Email:jss-marketing@jss1.jp
Tel:050-1743-0310(代表)

■プレスリリースの全文はこちら(PDF)


工場の自動化に課題をお持ちの場合は、お気軽に構想段階からご相談ください。
全体最適化の視点で装置開発のご提案をさせていただきます。

電話問い合わせ

最新記事

採用情報
おしえてJSS