1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. ロボットに関する記事
  4. 【まとめ】産業用ロボットとは?種類やメリット、ランキングを紹介

FA業界の方へ耳寄りな情報を「おしえてJSS」by日本サポートシステム株式会社

お問い合わせ

関東最大級のロボット
システムインテグレーター
ロボットシステム
設計から製造なら 日本サポートシステム株式会社

ロボットの必須マニュアルプレゼント
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. ロボットに関する記事
  4. 【まとめ】産業用ロボットとは?種類やメリット、ランキングを紹介
ロボットSIerとは?
ロボットに関する記事

【まとめ】産業用ロボットとは?種類やメリット、ランキングを紹介

工場の自動化で注目の産業用ロボット。
QCDや生産性向上、省力化の目的で各社導入が進んでいます。

今回は産業用ロボットとはなにか?から、デメリットやメリットのまとめ、ランキング、各ロボットの詳細やティーチングまで、
ロボットのことについて一通りまとめた記事をご紹介します。ぜひご覧ください。

もし、産業用ロボットを導入して、

  • 省力化、省人化してコストダウンしたい
  • 生産性アップして売上を上げたい
  • 人的ミスを減らして品質価値を高めたい
  • どのメーカーのロボットを使えば効率的かわからない

という場合は、お気軽に日本サポートシステムまでお問い合わせください。
関東最大級のロボットSIerとして、最適化のご提案をさせていただきます。

1.産業用ロボットの概要

(1)産業用ロボットとは?

産業用ロボットとは、工場での作業を人間の代わりに行ってくれるロボットのことをいいます。
下記の記事では、産業用ロボットの種類や用途について解説しています。

【動画付き】産業用ロボットとは?4種類の形状と5つの用途を解説

(2)産業用ロボットのメリット・デメリット。事例や費用感もご紹介。

メリットは、コストの削減・品質の向上・作業の効率化ができることで、
デメリットは、初期費用が発生することです。費用感は下記の記事をご覧ください。

【動画付き】工場自動化のメリット・デメリットは?事例や費用感も

(3)産業用ロボットメーカーのランキング紹介

売上ランキング上位は、ABB、ファナック、川崎重工業、安川電機、KUKAです。
よく言われる4強とは、川崎重工業を除いた、ABB、ファナック、安川電機、KUKAのことをさします。

産業用ロボットメーカーのランキングを紹介。4強の特徴を比較

(4)企業で活躍する注目のロボット

ロボットの将来市場予測とともに、製造・物流・建築土木・医療・介護・農業・調理飲食、それぞれの業界ごとのロボット化の動きを紹介しています。

企業で活躍する注目のロボットとは?ロボットの種類や業界を紹介!

(5)最新のロボットハンドについて

最新ロボットハンド2つと主力産業ロボットハンドについて動画付きでご紹介しています。

最新のロボットハンドはなに?メリットと専門工場オススメ3選

(6)ロボットシステムインテグレータとは?

ロボットシステムインテグレータとは、ロボットを導入する会社に対して、幅広くロボットの利用をサポートする専門業者のことをいいます。
ロボットを利用する機械システムを導入するときに、計画から実際の運用まで、提案、設計、組み立てなどを幅広く担当しています。
依頼するメリットについては、下記をご覧ください。

ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)とは?導入事例・補助金も紹介

2.産業用ロボットの種類

分類するとたくさんの種類がありますが、ここでは5種類のロボットについてご紹介します。

(1)垂直多関節ロボットとは?

人間の腕と似た動きをする垂直多関節型ロボットは「人間の作業を代替する」ために、まさに人間の「片腕」となる産業用ロボットとして合理的な構造を備えています。そのため、現在の主流は垂直多関節ロボットです。
下記の記事では図解や動画付きで、わかりやすくご紹介しています。

【図解】垂直多関節ロボットとは?構造とメリットを解説

(2)パラレルリンクロボットとは?

パラレルリンクロボットとは、主にワークを仕分けする作業などに使用されます。
メリット・デメリットやどんな動きをするのか、下記の記事で解説しています。

パラレルリンクロボットとは?おすすめパラレルロボット製造工場5選

(3)直角座標ロボットとは?

直線的な動きだけをする産業ロボットで、直交型ロボット、ガントリーロボットと呼ばれることもあります。
縦・横・高さという3方向を直交して、「搬送」「検査」といった作業が可能です。
下記では、動画などを用いて動きを紹介し、メリット・デメリットを解説しています。

直角座標ロボットとは?特徴やメリット・デメリット+工場3選

(4)円筒座標ロボットとは?

下記をご覧いただくと「円筒座標ロボット」が何か、簡単にご理解いただけるかと思います。

円筒座標軸ロボットの種類

詳しくは下記の記事で、動きやメリット、用途を解説しています。

円筒座標ロボットとは?極座標・直角座標ロボットとの違い

(5)水平多関節ロボットとは?

別名でスカラロボットとも呼び、平面3自由度の位置決めと先端部の上下運動による4軸構成となっている産業ロボットです。
水平多関節ロボットのメリットは低コストで高速搬送できることで、デメリットはより高度な作業が苦手なことです。
実際の水平多関節ロボットの動きや導入事例などは下記をご覧ください。

水平多関節ロボットとは?特徴やメリット・デメリット+工場3選

3.業界ごとの事例

(1)食品工場で活躍する自動化ロボットとは?

食品工場では、仕分け用ロボット(パラレルリンクロボット)や荷積み用ロボット(パレタイジングロボット)が多く使われます。
最近では、AI技術の一種「強化学習」を用いた、「キャベツの定量盛り付け」をするロボットまで出てきています。
詳しくは下記の記事で動画付きでご紹介しています。

食品工場で活躍する自動化ロボットとは?種類や最新技術を紹介

4.産業用ロボットの知識

(1)ロボットビジョンとは?

ロボットビジョンとは産業用のロボットに取り付ける位置検出や画層測定システム(カメラ)のことをいいます。
目を持たないロボットに目を持たせ、物の形や特徴をロボットに伝達する役割があります。
メリットは、①雑然と積んでも、混載の製品でも認識する ②1ロボットで多品種の取り扱いが可能 ③段取りにかかるティーチング作業が不要な点です。

ロボットビジョンとは?メリットや導入のポイント、事例を紹介

(2)ロボットのティーティングとは?

ロボットのティーチングとは「ロボットに動きの指示を教え込むこと」をいいます。
下記の記事では、ティーチングの流れや種類や資格の取得方法や金額についてご紹介しています。

ロボットのティーチングとは?メリットや資格取得方法を紹介

産業用ロボット導入に必要な「特別安全教育」とは?
日本サポートシステム株式会社では産業用ロボットの特別安全教育を定期的に実施しています。
工場・物流倉庫への計画的な産業用ロボット導入のため、ぜひご参加をご検討ください。
詳細を見る

5.産業用ロボット導入に関するご相談は日本サポートシステム

この記事の解説や動画をご覧いただければ「産業用ロボットとは何か」をご理解いただけたかと思います。
もし産業用ロボットの導入を検討していたら、まずは日本サポートシステムまでご連絡ください。
日本サポートシステムは関東最大級のロボットSIerとして多数の省力化の解決事例があります。
相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

【会社詳細】

日本サポートシステムは年間200台もの実績がある関東最大級のロボットシステムインテグレーターです。一貫生産体制をとっており、設計から製造までをワンストップで対応。費用・時間にムダなく最適化を行うことができます。

また、お打ち合わせから原則1週間以内に「お見積りとポンチ絵」をご送付。

【ポンチ絵とお見積りのサンプル】

テキストやお電話だけでは伝わりづらいゴールイメージを共有し、スピード感を持った対応を心がけています。

【所在地】
茨城県土浦市卸町2丁目13-3
TEL.050-1743-0310(代表)
FAX.050-3156-2692(代表)
https://jss1.jp/

【営業品目】

  • 産業用ロボット
  • 生産設備合理化・省力化の設計及び製作
  • 基板電気チェッカーや貼合・折曲など
  • 治具の設計・製作

【実績】
NM社(電子部品の製造販売)、HS製作所(情報通信・社会産業・電子装置・建設機械・高機能材料・生活の各システム製造販売)、TT社(ショッピングセンターなどリテール事業)、SM社(自動制御機器の製造・販売)、OR社(自動車安全システムの製造販売)

関東最大級のロボットシステムインテグレーター ロボットシステムの設計から製造ならお任せください

050-1743-0310 営業時間:平日9:00-18:00

本社:茨城県土浦市卸町2-13-3、相模原事業所:神奈川県相模原市中央区上溝1880番2 SIC3-317

お役立ち情報

採用情報